引き出物って

引き出物の相場

引き出物は記念の意味もありつつ、お返しの意味も含みます。
引き出物を選ぶときには色々考えなければならないこともありますね。
まず引き出物の金額相場はどのようなものでしょうか。
披露宴の飲食費の三分の一が相場として考えるのが良いとされています。
品数としてはメインと引菓子、縁起物で2、3品が一般的です。

ただし、地域によって考えが違うことがあります。
北海道の場合は会費制のことが多いために引き出物の金額相場は決まっていることがあります。ここでは引き出物の金額相場は低めといえます。
逆に豪華な結婚式を行うことで有名は名古屋などではまた違った相場となるでしょう。土地による相場観が分からない場合はプランナーにきくなどして調べておくと無難でしょう。

贈る相手を考える

結婚式や披露宴ではさまざまな招待客が出席します。
この関係性によってご祝儀の相場が変わり、引き出物の相場も変わってきます。
友人や同僚・上司や目上の方・親族で結構相場は変化しますね。
親族はいただく金額も大きいので引き出物も少々豪華になります。
また引き出物は一つの家庭にひとつ配るものとなります。
夫婦二人で出席したもらった場合は、品自体は一つ贈ります。
一人分よりは高めの引き出物を選んでおきます。

近年では引き出物をかわいくラッピングして渡す人も多いようですが、のしをつけるのが一般的といえます。特に年配の方にはのしのほうが、与える印象としては無難にすむでしょう。地域差がある場合もあるのでよく調べる必要もあります。